西日本を襲った記録的豪雨。今も被災地では復興作業が続いている。こうした災害時に、生活インフラとして住民に頼られるようになっているのがコンビニエンスストアだ。被災した店舗は早くも全店営業再開のめどが立ってきた。そこには過去の災害で得た教訓が生かされている。

<span class="fontBold">ローソンは愛媛県で移動販売車を使って生活を支えた</span>
ローソンは愛媛県で移動販売車を使って生活を支えた

 「自動販売機も水没していて飲み物も買えない状況だったので助かった」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1231文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。