オフィスの昼食市場で圧倒的な強さを持つコンビニエンスストアに手ごわいライバルが現れた。サントリーはぐるなびと組み、オフィス内に設置された自動販売機で弁当を注文し、受け取れるサービスを始めた。働き方改革が推進される中、少しでも時間を無駄にしたくないという消費者を取り込む狙いだ。

自販機で弁当購入と宅配依頼が可能
●サントリーとぐるなびが提供するサービスの概要
自販機で弁当購入と宅配依頼が可能<br /><span>●サントリーとぐるなびが提供するサービスの概要</span>

 コンビニで昼食を買ったら、レジ待ちで10分も時間をロスした──。こうした経験をしたことがあるビジネスパーソンは多いだろう。こうした現状に解決策を提供するのが、清涼飲料大手のサントリー食品インターナショナル。同社子会社で自動販売機事業を手掛ける、サントリービバレッジソリューションの土田雅人社長は「新サービスを使えば、食事のための時間は短縮できるので、昼休憩の時間を有効活用できる」と話す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り990文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/