中国のライドシェア大手、滴滴出行は7月19日、ソフトバンクと合弁会社を設立したと発表した。国内のタクシー会社にAIを活用した効率的な配車システムを提供し、配車アプリ市場の拡大を狙う。配車アプリ事業を手掛ける日本交通グループなどが当面のライバルだが、本当の「敵」は彼らとは限らない。

タクシー料金の制度が変わらない限り、日本での変革は難しい(写真=的野 弘路)

 ソフトバンクが中国の配車サービス大手、滴滴出行と合弁会社を設立した。AI(人工知能)を搭載した配車システムを今秋からタクシー会社に提供。滴滴の配車アプリを介してタクシーを探す利用者と、タクシードライバーを効率よく結びつけるサービスを展開する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2319文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。