今国会最大の焦点である安全保障関連法案が衆院を通過した。会期内成立は確実となったものの、「強行突破」したことで安倍政権への逆風が強まっている。新国立競技場の建設計画の白紙撤回でダメージの回復を狙うが、政権運営は難関が続く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3140文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。