今国会最大の焦点である安全保障関連法案が衆院を通過した。会期内成立は確実となったものの、「強行突破」したことで安倍政権への逆風が強まっている。新国立競技場の建設計画の白紙撤回でダメージの回復を狙うが、政権運営は難関が続く。