自動車メーカーが追い求めてきた軽量化材料を、新日鉄住金の子会社が実用化した。鋼板と同じように加工が簡単なCFRP(炭素繊維強化プラスチック)で、自動車の生産ラインに組み込める。CFRPの開発で先導してきた樹脂メーカーに、鉄鋼系メーカーが一矢報いた形だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1373文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。