自動車メーカーが追い求めてきた軽量化材料を、新日鉄住金の子会社が実用化した。鋼板と同じように加工が簡単なCFRP(炭素繊維強化プラスチック)で、自動車の生産ラインに組み込める。CFRPの開発で先導してきた樹脂メーカーに、鉄鋼系メーカーが一矢報いた形だ。