中国国家統計局が2016年4~6月期の実質GDP(国内総生産)成長率を発表した。市場予想を上回る前年同期比6.7%増。景気減速を予想していた市場に安心感が広がる。しかし足元で続く人民元安が改めて材料視され、世界経済が混乱する可能性は否定できない。