半導体メモリー事業の売却を巡り、東芝と米ウエスタンデジタル(WD)の関係が悪化している。強気の姿勢を貫くWDだが、メモリーの製造を東芝に依存している構造は変わらない。WDが2兆円超で買収した米サンディスク。その価値を握っているのは東芝との合弁契約である。

<b>WDがフラッシュメモリーの生産を任せている東芝の四日市工場(三重県四日市市)</b>
WDがフラッシュメモリーの生産を任せている東芝の四日市工場(三重県四日市市)

 半導体メモリー事業の売却を巡り、泥沼の訴訟合戦に陥っている東芝と米ウエスタンデジタル(WD)。東芝は産業革新機構を中心にした「日米韓連合」との優先交渉を決めたが、協業先のWDは事業売却の差し止めを申請。7月14日にカリフォルニア州の上級裁判所で審理が開かれたが判断は7月28日の再審理まで先送りされた。

 差し止め請求が認められれば、「日米韓連合」との交渉は暗礁に乗り上げることが必至だった。その点で言えば最悪の事態こそ避けられたが、来年3月までの事業売却に向けて綱渡りの状況が続いていることに変わりない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2082文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/