15年連続で米国における乗用車の販売台数1位を獲得し続けてきた中型セダン「カムリ」。トヨタ流の部品共通化(TNGA)をこのサイズで初めて適用するが、焦点はその次の車種だ。ライバルの独フォルクスワーゲンの部品共通化に対して、トヨタならではの強みを発揮できるのか。

<b>TNGAを導入した米国で主力の新型「カムリ」</b>(写真=Bloomberg/Getty Images)
TNGAを導入した米国で主力の新型「カムリ」(写真=Bloomberg/Getty Images)

 トヨタ自動車の部品共通化の手法である「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」が、真価を問われるタイミングを迎えている。試金石となるのが10日に発売した中型セダン「カムリ」だ。

 カムリは米国で人気が高い。2016年には米国だけで、カムリのグローバル販売の6割弱に当たる38万9000台を販売した。中型車カンパニー・プレジデントの吉田守孝専務役員は「新型でも米国で月3万台は売りたい」と鼻息が荒い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1052文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。