KDDIが7月14日に「月額1980円から」という新たな料金プランを導入した。格安スマホを意識した最低料金を掲げるが、消費者がその恩恵を受けるには複雑な条件を満たす必要がある。総務省が問題視する「スマホの料金は分かりにくい」現状はますます悪化しそうだ。

<b>KDDIが打ち出した格安スマホ対抗の新料金「auピタットプラン」</b>(写真=栗原 克己)
KDDIが打ち出した格安スマホ対抗の新料金「auピタットプラン」(写真=栗原 克己)

 「KDDIから聞こえてくるのは新プランの良い点ばかり」「顧客にデメリットも説明できなければ後でクレームが来る」。7月14日にKDDIが新設したスマートフォン向け料金プランを巡って、携帯電話販売店「auショップ」の現場に混乱が生じている。

 KDDIが今回導入した「auピタットプラン」は「月額1980円から」という値付けが目玉。これまでに比べ最低料金が安く、通信使用量に応じて自動的に料金が変わる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2259文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。