工事費の見積もりが膨れ上がるなど、建設を巡って迷走が続く新国立競技場。開閉式屋根部分を東京五輪後に整備することで目標額を2520億円としたが、批判はくすぶる。五輪までの整備を検討している鉄道新線も雲行きが怪しくなってきた。迷走のワケとは。