2002年から任天堂の社長を務めた岩田聡氏が11日、胆管腫瘍のため急逝した。55歳だった。過去最高の売上高と営業利益を記録した一方、3期連続の営業赤字に苦しむなど、波乱の13年。スマートフォン(スマホ)向けゲームアプリや次世代ゲーム機の開発を主導するも、道半ばで逝った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1357文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。