パナソニックが本格参入25年目にして、中国市場戦略の見直しに着手した。テレビなどの黒物家電重視から、白物・小型家電などに軸足を移行。「松下」というブランド名も温存する。テレビ撤退から続く現地での存在感低下に歯止めをかけたい考えだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1210文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。