参院選で与党が勝利し、「改憲勢力」が衆参両院で憲法改正を発議できる3分の2に達した。安倍晋三首相は思惑通り、争点がかみ合わない「すれ違い選挙」に持ち込み、政権基盤を盤石にした。改憲など持論の政策を推進する構えだが、政権の生命線である経済運営は難しいかじ取りが続きそうだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2595文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題