ファミマは9月、サークルKサンクスとの統合を機にFC契約制度を見直す。光熱費や食品廃棄コストなどで加盟店を手厚く支援する「セブンイレブン型」を採用する。コンビニ業界の店舗飽和感が強まっており、加盟店の収益力の底上げが急務とみる。

<b>サークルKサンクスとの統合で規模は拡大するが、1店舗当たりの売上高はセブンと大きな差がある</b>
サークルKサンクスとの統合で規模は拡大するが、1店舗当たりの売上高はセブンと大きな差がある
続きを読む 2/3

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1258文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。