豊富な人脈を武器に日揮を長年率いてきた重久吉弘グループ代表が退任。資源価格に底打ち感が出てきたとはいえ、受注環境は厳しい。危機感をバネに長年の課題である収益基盤の多角化を果たせるか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1260文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。