ファミリーレストラン業界で他社に先駆けて、24時間営業を全廃したロイヤルホールディングス(HD)。営業時間を短縮すると売上高は減りそうだが、むしろ結果は逆となり、今年に入り株価は約4割も上昇した。ロイヤルHDの取り組みは、食品業界のみならず、人手不足に悩むサービス業にとって成長のヒントになる。

ロイヤルHDはファミリーレストラン「ロイヤルホスト」を日本で221店運営する

 「営業時間の短縮にもかかわらず、売り上げが伸びたことは正直、想定外」

 ロイヤルホストの佐々木徳久社長は今年1月からの既存店売り上げの推移についてこう打ち明ける。同社は、国内で221店を展開するファミリーレストラン大手。人手不足などへの対応のため1~6月末までに156店で営業時間を短縮した。早朝と深夜の営業をやめ、平均的な店舗で朝9時から夜12時の営業に切り替えた。その結果、1店舗当たりの平均営業時間は2016年末の16.8時間から15.5時間へと減った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り923文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。