高水準の社債発行が続く。市場では「2017年は過去最高に迫る」との声も出始めた。投資家の運用難が社債の利回りを押し下げ、企業側に有利な調達環境を生み出している。日銀のマイナス金利政策が生んだ起債ブーム。群がる投資家は将来のリスクにどこまで対応できるのか。

金利先高観が起債を後押ししている
●社債発行の総額と銘柄数
金利先高観が起債を後押ししている<br />●社債発行の総額と銘柄数
出所:アイ・エヌ情報センター
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年の社債発行額が過去最高を更新する勢いだ。金融情報サービスのアイ・エヌ情報センターによれば、17年上半期(1~6月)の社債発行額は、5兆7058億円だった。このペースが続けば、16年の10兆6163億円を超えるのは確実。過去最高だった1998年の12兆6429億円に迫る可能性があるとの声も市場では聞かれ始めた。

 4月に1500億円を発行したブリヂストン、6月に1000億円を発行したNECなど大型の起債が相次ぐ。リクルートホールディングスやヤフーなど、初めて社債を発行する会社も目につく。ただ、中には「低金利のうちに資金を手当てしてしまおうとするものも目立つ。前向きな投資につながるとは考えにくい」とある市場関係者は首をかしげる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り916文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。