良品計画は2019年春、銀座に同社として世界最大の旗艦店を開く。10階建てのビル1棟を借り受け、半分を店舗、半分をホテルとする。国内市場の縮小を見据えて、業績好調の今、将来の収益源になるよう積極的に種をまく。

良品計画は2019年春、ホテルを併設した無印良品の旗艦店を開業する(イメージ=三井不動産)

 「フルサービスで我々の世界観を体感できる、最先端の無印良品の店を銀座に作る」。無印良品を展開する良品計画の松﨑曉社長は7月5日に開いた記者会見でこう力を込めた。読売新聞東京本社と三井不動産が開発する地上10階建てのビルのうち地下1階から6階が店舗、6階の一部から10階が「MUJI」ブランドのホテルになる。

 良品計画が内装デザインを監修し、家具類を提供するほか、料金設定も「ゴージャスでもチープでもない、その間を目指す」というように、無印良品のコンセプトを忠実に表現する考えだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1053文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。