本誌は「副業に関する調査」を実施した。経営者・役員の回答者のうち7割弱が副業解禁に賛成だった。一方、現状の導入企業は約2割との結果だったが、副業解禁の流れは今後、加速する可能性がある。オピニオン・プラットフォーム「日経ビジネスRaise」でも、専門家や読者が活発な議論を展開している。

全体では8割弱が副業解禁を支持
●企業が副業を認めることに賛成か
全体では8割弱が副業解禁を支持<br /><span>●企業が副業を認めることに賛成か</span>

 あなたの会社の経営者は副業を認めているでしょうか──。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1034文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。