企業の高収益が続く一方で、賃金だけでなく研修や福利厚生など社員への還元の動きは鈍い。そうした中で、サントリーHDや資生堂など、生産性向上に向けた「人材投資」拡大の動きも出てきた。長期的な視点に立って競争力強化に資金を投じられるかどうかで、日本企業の二極化が進む可能性がある。

教育訓練費は90年代以降減少傾向にある
●企業の教育訓練費と労働費用全体に占める割合
教育訓練費は90年代以降減少傾向にある<br /><span>●企業の教育訓練費と労働費用全体に占める割合</span>
注:厚生労働省の資料より作成。労働費用は現金給与を除く

 「日本企業はバブル崩壊後に企業業績が厳しくなり、人材投資の予算を減らしてきた。人材投資が減ることで、社員の生産性が向上しなくなっており、結果として、企業業績が頭打ちになるという悪循環に陥りかねない」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1141文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。