米国の大統領貿易促進権限法の成立で大筋合意に向け最終局面に入ったTPP交渉。カギを握る日米両国は2国間協議を再開。参加12カ国は難航分野で詰めの交渉を急ぐ。来年の参院選を見据え、日本政府は今秋の臨時国会で承認手続きを終えたい考えだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3072文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。