キリンビールが今年上期にビールの販売で23年ぶりに前年を上回った。弱体化していた営業や販促のテコ入れが奏功し、久しぶりに薄日がさした。「一番搾り」を中心に競合を上回るブランド力を構築できるかが復活のカギを握る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1226文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。