6月の日銀短観は大企業製造業の業況判断指数が2014年3月以来の水準に回復した。ただ統計処理上、四捨五入を繰り返すため、実態以上に強い数字が出るケースがある。目先の統計に目を奪われすぎると、かえって景気のトレンドを見逃す可能性もある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1198文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。