出光興産の創業家が株主総会で、昭和シェル石油との合併反対を訴えた。統合後、外資系に主導権を奪われてしまうとの危機感が背景にある。困惑は出光社内だけでなく、ライバルのJX・東燃連合にも波及している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2929文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題