「強制ではないか」と波紋が広がったWindows10への無償アップグレード。消費者庁が注意喚起する事態にも発展し、マイクロソフトは仕様変更に追い込まれた。背景にはITを巡る経営環境が激変する中で、収益源を確保したい同社の焦りも見える。