原料から醸造まで全てが国産の「日本ワイン」の表示ルール策定から1年弱。品質の高さが消費者に人気で、メーカー各社は市場の成長に期待し、普及に力を注ぐ。一方で農家の高齢化が進み、需要拡大に見合ったブドウの確保が課題だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1326文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年7月11日号 18ページより目次

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。