有機ELやAI、IoTなどの新技術の分野で、企業による人材獲得競争が過熱している。年収数千万円の提示も珍しくなく、報酬や雇用体系で限界がある日本企業は後手に回っている。人材争奪戦で出遅れれば、これから市場が立ち上がる新分野で劣勢に立つリスクがある。