日本たばこ産業(JT)が、加熱式たばこ「プルーム・テック」の本格販売を、東京を皮切りにようやく始めた。だが、競合するフィリップ・モリス・インターナショナルの「アイコス」は全国展開しており、その差は歴然だ。JTはなぜ、出遅れたのか。詳しく要因を検証すると、3つの誤算が浮かびあがる。

JTが都内に出店したプルーム・テック専門店。6月29日の開店当初には、多くの人が試飲に訪れていた(写真=稲垣 純也)

 「正直、ここまで(加熱式たばこの)市場が伸びるとは思ってなかった。紙巻きたばこにこだわりすぎたり、高い水準を求めすぎたりして、市場性を予測できなかった」。7月初旬、日本たばこ産業(JT)の小泉光臣社長は日経ビジネスの直撃取材にこう答えた。

加熱式は急成長が見込まれる
●たばこ市場における加熱式のシェアの推移
注:JTとPMIへの取材を基に編集部作成

 同社の加熱式たばこ「Ploom TECH(プルーム・テック)」の販売が、東京の銀座と新宿の直営店でようやく6月29日に始まったのだが、表情に安堵感はない。米フィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)の加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」が、JTの牙城を崩しているからだ。アイコスは2014年秋に名古屋市で先行発売され、翌15年には全国に拡大。たばこ市場(紙巻きと加熱式)のシェアは10%に達している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2023文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。