今年も株主総会シーズンがようやく終わった。多くの株主提案が出されたが、通ったのはわずか2社のみだった。日本でなかなか株主提案が通らない理由はどこにあるのか。

<span class="fontBold">武田薬品工業の株主総会では巨額買収に歯止めをかける提案が出された</span>(写真=時事)
武田薬品工業の株主総会では巨額買収に歯止めをかける提案が出された(写真=時事)

 2勝39敗──。6月に株主総会を開いた企業のうち、今年は過去最多の41社で株主提案が総会に持ち込まれた。これはその勝敗結果だ。株主提案が可決されたのはわずか2社。保育所運営大手のJPホールディングス(HD)と洋菓子チェーン「ヒロタ」を運営する21LADYで、ともに取締役人事で現社長が落選し、株主提案の人事が通った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2155文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/