携帯大手の「4年縛り」のような顧客囲い込みについて、公取委が問題視する報告書をまとめた。6月28日に公開した報告書で大手3社に改善を要請したが、法的拘束力はない。総務省も指摘してきた課題に対し、これまで抜け道を見つけてきた業界は今回、どう対応するのか。

制度や指針の抜け穴を突かれ課題解決が進まず
●政府の主な競争促進策

 「携帯大手は、どうせまた抜け穴を突いてくる」。格安スマホ事業を手掛ける通信会社幹部はあきらめ顔だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り936文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。