異業種によるアパレル企業の買収が加速している。衣料品市場の縮小で苦しむ企業を、業界の常識とは異なる手法で改革し、再生させる考えだ。買収に動く経営者は、主力事業との相乗効果を追求するなど、新たな商機に期待している。

<span class="fontBold">大人の女性向けカジュアルブランド「マリン フランセーズ」の店舗</span>
大人の女性向けカジュアルブランド「マリン フランセーズ」の店舗

 「販路としてネットの活用のほか、生産体制の見直しによる効率化など、打つべき手はたくさんある」。5月に、女性向け衣料ブランド「マリン フランセーズ」や「ニーム」で知られるヰノセント(イノセント、東京・渋谷)を買収したインスタイルグループ(東京・渋谷)の西村豪庸代表はこう自信を見せる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1042文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。