不適切会計の一因となった、東芝のスマートメーター事業が今も迷走中だ。損失の可能性を認識しつつ受注に走り、技術面での壁に直面している。 「1回目」の株主総会はクリアしたが、8月の決算発表と9月の総会まで、山場が続く。