安定的な国会運営を継続してきた安倍晋三政権に陰りが見えてきた。誤算の連鎖で安全保障関連法案の審議が遅れ、頼みの内閣支持率も下降気味。政権の推進力を維持できるのか、重大な岐路に差し掛かっている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2865文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題