「株主との対話」が争点となった今年の株主総会。取締役や監査役の選任案で低い賛成率となったケースが増えている。投資家側が議決権行使の基準を厳格化させたためだ。