日本KFCホールディングスは2020年までに店舗数を一挙に500店近くも増やす。「ハレの日」需要のイメージを払拭し、より身近で利用しやすい店舗を開発。出店戦略を地域ごとに決められる仕組みも導入して、逆境下でも急成長を狙う。