6月23日のシャープ株主総会で台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下入りが承認された。鴻海は出資金の払い込みを完了する前から、シャープの海外法人でリストラに着手している。新社長の戴正呉氏の下では拠点の整理だけでなく、7000人規模の追加リストラ策も検討する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1219文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題