コーポレートガバナンス(企業統治)が焦点となった株主総会シーズンが終わった。社外取締役の導入や投資家との対話が進み、ガバナンスは改善傾向にあるという。だが、本当に経営の透明性を高めることができるか、新たな課題も浮上している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2268文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。