ソフトバンクグループの孫正義社長の後継者だったニケシュ・アローラ氏が“電撃”退任した。「妙な欲が出てきた」「ニケシュが一番の被害者」と孫社長は述べ、自身の変心が理由だと強調した。孫社長が思いを貫いた結果、ソフトバンクは再び「後継者不在」というリスクを背負うことになる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1939文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。