“上昇一辺倒”で推移してきたアルバイトの時給の伸びに限界感が見えてきた。競争激化や消費の低迷により、コンビニや外食は売り上げが伸びず人件費を確保できないからだ。今年も10月に地域別の最低賃金の引き上げが見込まれるが、時給相場への押し上げ効果は不透明だ。

 「アルバイト採用が厳しくなっているから募集時給を上げたい。でもこれ以上上げると利益が出なくなるから難しい」。大阪府でセブンイレブンを経営するオーナーの男性はこう嘆く。結局時給を上げられず、求人募集を出しても人が集まらないジレンマが続く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1101文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。