人口減少に長引く低金利……、逆風続く地方銀行が大手信託銀行と連携を強化している。高齢化が進む地方ではとりわけ相続や遺言などに関するニーズが強いことが背景にある。都市部中心の大手信託銀、特定の地域に強い地銀、両者は「補完関係」をうたうが、狙い通りに行くか。

<span class="fontBold">5月下旬、三井住友トラスト系のセミナーには地銀関係者が集まった</span>
5月下旬、三井住友トラスト系のセミナーには地銀関係者が集まった

 「まずお孫さんがいるかを聞いたほうがいい」「投資への関心度合いも確認しておきたい」──。5月下旬、東京都府中市にある三井住友信託銀行の研修所。集まった約10人が、押し付け営業ではなく顧客本位で金融商品を提案するにはどうすればいいか、真剣に話し合う姿があった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1045文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。