苦戦する中国事業の見直しに動く日本の食品大手が相次いでいる。味の素は2006年に買収した調味料メーカーの株式を売却する検討に入った。各社は時間をかけて巨大市場を開拓する戦略だったが、資本効率改善を迫られ、手を着けざるを得ない状況だ。

 味の素が売却を検討するのは中華調味料や冷凍食品を展開するアモイ・フードだ。仏ダノングループの子会社だったが、2006年に味の素が273億円を投じて買収した。当時、味の素が手掛けた海外買収案件としては過去最大規模だった。