GPIFがアクティブ運用で導入した実績連動報酬体系が、波紋を広げている。市場平均の値動きを上回らないと報酬が大きく目減りするため、運用会社からは不評だ。だが「顧客本位の業務運営」からは理にかなった報酬体系なだけに、今後追随する動きが出る可能性も。

目標を上回らないと報酬は激減
●実績連動報酬の概念図
目標を上回らないと報酬は激減<br /><span>●実績連動報酬の概念図</span>
[画像のクリックで拡大表示]

 「良い成績の出せないファンドは淘汰されるでしょう。今のところ、だいたいの会社が要求に応じていますが本音はどうだか」。ある資産運用会社の日本株ファンドマネジャーはこう明かす。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り990文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。