パナソニックが中国の家電事業を強化し、2020年度に17年度比2倍の売り上げを目指す。日本とは裏腹に、インターネット接続機能を搭載した最先端家電に消費者が飛びつく。家電事業の海外売上高比率を22年度までに6割に高める計画を掲げるが、トレンドの起点は中国になりそうだ。

<span class="fontBold">中国で発売したネット接続できる冷蔵庫(左)と、生活提案拠点(右)</span>
中国で発売したネット接続できる冷蔵庫(左)と、生活提案拠点(右)

 「今年の売り上げは去年の3倍だ」。中国EC(電子商取引)2位の京東集団(JDドットコム)は6月18日まで、創業記念日恒例の大規模セールを実施した。パナソニックで家電事業を率いるアプライアンス社の本間哲朗社長は翌19日、その「6.18セール」で実施した「パナソニックブランドデー」の結果を満足げに披露した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1136文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。