政府は5月から検討してきた日本たばこ産業株式の追加売却見送りを決めた。その意思決定を後押しした一つの要因はJTから政府に転がり込む巨額の配当だ。地方創生や企業の成長投資に回る「官製ファンド」を強化したいという思惑がある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2310文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。