ガス給湯機器や厨房機器など成熟した市場にあっても14期連続の増配を見込む。国内では10年前から高付加価値商品を強化し、海外でもヒット商品が相次ぐ。市場ニーズに即した商品を拡充し、配当性向を30%まで引き上げる方針を掲げる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1982文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。