ガス給湯機器や厨房機器など成熟した市場にあっても14期連続の増配を見込む。国内では10年前から高付加価値商品を強化し、海外でもヒット商品が相次ぐ。市場ニーズに即した商品を拡充し、配当性向を30%まで引き上げる方針を掲げる。