日産自動車は従来型のFCV(燃料電池車)の製品化を当面見送る。インフラ整備やコストなど、FCVやEV(電気自動車)の課題が依然残るためだ。自動車各社は当面のつなぎとして、新方式のエコカーの投入計画を相次いで発表し始めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2683文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題