日産自動車は従来型のFCV(燃料電池車)の製品化を当面見送る。インフラ整備やコストなど、FCVやEV(電気自動車)の課題が依然残るためだ。自動車各社は当面のつなぎとして、新方式のエコカーの投入計画を相次いで発表し始めた。