6月に入り、急速に進んだ円高が日本企業の2016年度の業績を直撃する。1ドル100円なら製造業は前期比マイナス11%、90円台に突入すれば減益幅は広がる見通し。英国の欧州連合(EU)離脱がなくても、米景気に対する懸念から円高基調は変わらない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1345文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。