旅行大手のJTBは14日、不正アクセスにより最大約793万件の個人情報が流出した恐れがあると発表した。「ヤフー!トラベル」など3つの外部提携サイトで扱った個人情報なども含んでおり、波紋が広がる。手口はおなじみの「標的型メール攻撃」。JTBは批判を浴びているが、専門家からは同情の声も。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1392文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。