旅行大手のJTBは14日、不正アクセスにより最大約793万件の個人情報が流出した恐れがあると発表した。「ヤフー!トラベル」など3つの外部提携サイトで扱った個人情報なども含んでおり、波紋が広がる。手口はおなじみの「標的型メール攻撃」。JTBは批判を浴びているが、専門家からは同情の声も。