米アマゾンが自然食品を手掛ける米高級スーパー大手、ホールフーズを約1兆5000億円で買収すると発表した。巨額買収を可能にした背景の一つに、配当や自社株買いなど短期的なリターンを求めない株主の存在がある。ライバルに比べ圧倒的に有利な状況に、「ゲームのルールが違う」という声も漏れる。

<b>アマゾンが傘下に収めるホールフーズは中高所得者層を中心に評価が高い</b>(写真=AP/アフロ)
アマゾンが傘下に収めるホールフーズは中高所得者層を中心に評価が高い(写真=AP/アフロ)

 6月16日、米アマゾン・ドット・コムは高級スーパー大手、米ホールフーズ・マーケットを買収すると発表した。買収金額は137億ドル(約1兆5000億円)と同社が過去に手掛けたM&A(合併・買収)の中で最大だ。予定通り買収が完了すれば、アマゾンは約460の店舗網と、自然・有機食品などで中高所得者層を中心に評価が高いホールフーズのブランドを手に入れることになる。

 ホールフーズをひとのみにした今回の買収で改めてクローズアップされたのは、アマゾンの資金力であり、ライバルと違う競争の土俵を作り出し優位に立つその手法だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1009文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/