高い成長力で株価が高騰する企業に焦点を当てる新連載。その経営戦略やトップの思考を読み解けば、閉塞感漂う日本経済で勝ち抜くヒントが見えてくる。連載1回目は新興セレクトショップのトウキョウベース。「アパレルの常識」の逆を突き、不振の大手を尻目に成長する。

<b>トウキョウベースは4月、初の海外店舗となる「ステュディオス香港店」を開業した</b>
トウキョウベースは4月、初の海外店舗となる「ステュディオス香港店」を開業した
<b>谷氏は現在33歳。破綻した老舗百貨店の一族出身で、その失敗を教訓にする</b>(写真=竹井 俊晴)
谷氏は現在33歳。破綻した老舗百貨店の一族出身で、その失敗を教訓にする(写真=竹井 俊晴)
[画像のクリックで拡大表示]

 4月、中国・香港の中心エリアに一軒のセレクトショップが開業した。「ステュディオス」という名の店内に並ぶのは日本発のブランドだけ。同店を運営するTOKYO BASE(トウキョウベース)の谷正人CEO(最高経営責任者)が目指すのは「アジアのLVMHモエヘネシー・ルイヴィトン」だ。

 2015年9月に東証マザーズに上場し、今年2月に東証1部へ指定替えしたばかりの新興企業の社長の発言としては、荒唐無稽に聞こえるかもしれない。だが、成長力と事業モデルの独自性は日本の同業他社を引き離す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2309文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

【無料ウェビナーのご案内】
ZOZO NEXT 金山CEO、
フューチャリスト尾原氏ら登壇!

次世代DX経営と若手人材創出を徹底議論

■テーマ
次世代DX経営が企業競争力を決める ~若手リーダーの創出が企業成長のカギ~

■開催概要
日時:2021年12月13日(月)~14日(火)、合計4セッション
講師:ZOZO NEXT 金山裕樹・代表取締役CEO、フューチャリスト 尾原和啓氏ほか

■パートナー
インテル

■受講料
無料、事前登録制(先着順)

>>詳細・申し込みは以下の記事をご覧ください。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00396/112600001/